つさとそらのブログ

脊髄小脳変性症、リウマチ、トイプードル、気づき、介護

ホトトギス昔話、なんて聞こえる?ちょっと怖い話

ホトトギス鳴き声どんなふう聞こえますか?

 

ホトトギスが鳴くころ思い出します。

 

ホトトギスカッコウ目・カッコウ科)には色んな昔話があります。

独特の鳴き声の鳥なので、鳴き声から物語が出来たのかな?

f:id:tsusa-sora:20190603150759p:plain

 

昔、昔 あるところに姉妹がおりました。

ある日、山芋を堀に行き姉が川や蔓など堅いとところを自分で食べて、内側 中の柔らかいところを妹に食べさせました。

でも妹は、姉が先に美味しいところを食べたと思って姉を包丁で殺してしまいました。

姉は生まれ変わりカッコウになって「ガンコ、ガンコ」(方言:堅い、堅い」と鳴いているそうです。

そして妹は自分の過ちを後悔し鳴きあかし、ホトトギスになり「包丁欠けたか、包丁欠けたか」と鳴いてるそうです。(遠野物語

 

鳴き声が独特なので、色々いわれはあるようです。

 

私が聞いた、昔話は

むか~し、むか~し、ある姉妹がいました。

お姉さんの髪の毛はとても長く綺麗な髪の毛でした。

妹がお姉さんの髪の毛をといていました、遊び心で長い毛を柱に括りつけたんです。

その時に、大雨で洪水が来て逃げることが出来なかった姉は死んでしまいました。

後悔した、妹がホトトギスになり「ねえさんとけたか、ねえさんとけたか」

(姉さんの髪の毛がとけたか心配しているようです)

 

また、兄弟の話もあります。

兄弟がおりました、兄は目が悪く病弱で働けません。弟は心優しい弟で山芋が摂れる5月には山芋の中身の良いところだけを兄に食べさせ、自分は皮や蔓ばかり食べていました。

あるとき兄は思いました。「私は山芋の中身を食べてもこんな病気なのに、弟はあんなに元気だ、いったい何を食べてるんだ!もっとおいしいものを食べてるに違いない。」と気になって

弟が寝ている間に、弟のお腹を切って中身を確認しました、すると弟のお腹の中からは山芋の皮と蔓ばかり出てきたんです。

「私はなんてことをしてしまったんだ!」と兄は後悔して

泣いて、泣いて、泣いてるうちにホトトギスになってしまいました。

今でも山芋のとれる5月になると「弟恋しい 弟恋しい」(おととこいし おととこいし)と鳴いているそうです。

 

その他

「オトノドツッキッタ」(弟ののどを突き切った)と鳴いているようでもあるとも言われています。

それでも、兄思いの弟はモズになり、目の見えない兄の為に虫など木の枝にさしているのだという話です。

なんとも、悲しい話しですよね。

 

「鳴いて血を吐くホトトギスとも言われますが、

こんな昔話からきたのかとも思ってました。

でも、ホトトギスって口の中のオレンジっぽい赤が目立ってること、喉の奥から全身で鳴いてるそうで、「鳴いて血を吐く」と言われてます。

 

f:id:tsusa-sora:20190604112604p:plain

山形ではホトトギスになった兄は弟を殺してしまった罪で1日に八千八声も喉から血が出るまで鳴かなくてはいけないそうそうです。

 

また、ホトトギスは子供を産んでも育てることが許されず、ほかの鳥(鶯の巣に卵を産み育ててもらう)ということ、

そうです。托卵(たくらん)

 

ホトトギスは托卵(たくらん)をして子供を自分では育てないんです。

 

ホトトギスウグイスの巣に卵を産み付け

ウグイスを子育てに利用します。

 

托卵を受けてしまったウグイスホトトギスの卵・雛の世話をしてホトトギスの雛がウグイスの卵を巣の外に落としてしまい、

なんと!自分の子は全く残せないそうなんです。

 

狙われたら、悲しいですよね。

ホトトギスウグイスにのみ托卵するので確率は高いらしい。

卵はそっくりなので、ウグイスにはバレないようです。

 

f:id:tsusa-sora:20190604113019j:plain

小さいのはウグイスの卵、下の大きいのがホトトギスの卵

 

カッコウも托卵ですが、托卵される仮親は20種類以上だとか、カッコウの卵は他の鳥の物と見た目などが違うので托卵に成功する確率はあまり高くないようです。

 

以前テレビで見たカッコウ科のジュウイチという鳥は雛までたくましく、一緒に孵ったほかの鳥の雛を巣から落とすんですよ。

托卵されてた仮親は自分の子を落とされたのに自分よりも大きな体のジュウイチにエサをあげてるんです。

f:id:tsusa-sora:20190604113140j:plain

オオルリの巣にジュウイチの卵!緑の卵がジュウイチの卵です。
 

カッコウ托卵(たくらん)

企んでる鳥なんです。

 

まとめ

色んな鳴き声の表現がありますが、兄弟、姉妹、それも全て残酷で悲しい話です。

むかし話しは、いつも残酷な一面があります。

あえて残酷な話しで、子供たちに色んなことを教えたかったのでしょう。

 

また、本当にあった残酷なニュースを言い伝え為にメデァの代わりに、お話になったのでしょうか。

 

人を恨んだり、羨んだり、妬んだり

してはいけない事、兄弟ゆえのもっと深い何か…

 

「包丁欠けたか、包丁欠けたか」

(ホウチョウカケタカ ホウチョウカケタカ)

 

「弟恋しい 弟恋しい」

(オトトコイシ オトトコイシ)

 

「姉さんとけたか 姉さんとけたか」

(ネエサントケタカ ネエサントケタカ)

 

「弟かわいや 弟かわいや」

(オトトカワイヤ オトトカワイヤ)

 

などなど

 

いまでは、お話に関係なく 

こんな風に聞こえるようです。

「テッペン カケタカ テッペン カケタカ」

「特許許可局 特許許可局」

(トッキョキョカキョク トッキョキョカキョク)

皆さんは、どんな風に聞こえますか?

 

私のお爺ちゃん、かーこの父さんは

「さんちゃん酒だよ」と聞こえるそうで、

自分に都合の良い言葉もありですね。

(さんちゃんはお爺ちゃんの呼び名です。)

 

 

f:id:tsusa-sora:20190604092009j:image

今日、庭のアマリリスが満開です。

 

f:id:tsusa-sora:20190604092018j:image

 やっぱり、そらちゃんも登場!!

 

今日も読んでいただき ありがとうございました。