つさとそらのブログ

脊髄小脳変性症、リウマチ、トイプードル、気づき、介護

泣き虫③いぬのえいが・猫の映画・映画は泣いてばかり

引き続きすみません。

 

普通に泣き虫でない人も、映画や小説で涙することは多いはず。

そこで、私が大泣きした映画や小説など…

 

 

まず、動物に弱い私

小さい映画館でかーこ(母)にせがまれて、言った映画

 

いぬのえいが

当時、ボーダーコリー(らぶちゃん)を飼ってたので大泣き。

 

犬と私の10の約束

 

★僕のワンダフルライフ

 何度も生まれ変わって、やっと最初の飼い主に再び会えるんです。感動です。

 

そして、番外編で私はどうしても見ることが

出来なかった映画

おおかみこどもの雨と雪

 

これは、職場の子とかーこから話を聞いて、聞きながら泣き出しちゃって…

観れない。。。って思いました。

テレビでも放送があり、録画してたのですが、どうしても見る勇気が無くて

やっぱ無理!

 

私の友人で火垂るの墓を観れない子がいます。

あまり悲しい映画は、観るのにもパワーがいりますね。

 

 ★火垂るの墓

 

猫の映画は小説で読んだものが多いのですが、

😺旅猫リポート

入御中に小説を読んで、3ページ目から泣いちゃいました。

 

 

😸世界から猫が消えたなら

これも、小説で読みました。悲しかった(>_<)

 

😸ルドルフとイッパイアッテナ

 これは、姪っ子の子供に絵本を買ってあげました。

DVDも観ました。いいお話でした。

 

以外に、空海のお話と思い見に行った、

映画空海 美しき王妃の謎」

 これは哀れな猫ちゃんの話でした。

 

「映画ってほんとにいいもんですね。」

って古すぎました。

 

●ライフイズビューティフル

他、いろいろ、映画ってすごい!

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。