つさとそらのブログ

脊髄小脳変性症、リウマチ、トイプードル、気づき、介護

手術中、先生を信じて母を信じて、祈ってます。

かーこの入院7日目

今日、左脚脛骨(膝下の骨)の手術日です。

 

10時頃、病院に着いた。

もう、寝巻きなどは着替えている。

 

昨日21時から絶食、今朝7時から飲み物もダメなので、

かーこは喉がカラカラやと嘆いていた。

 

「あぁ〜冷たいビールが飲みたい。」

と言っている。

「まぁそんだけ元気なら大丈夫やな。」

 

そうこう言ってると、弟夫婦が来た。

かーこは弟の顔が見れて喜んでいた。

 

弟の嫁も医療関係の、仕事をしてるので来てくれると色々有難い。

 

私が入院してた時も本など持ってきてくれて、日頃は読む暇も無いけど、ゆっくり読めた。

 

その時の本は、やはり猫好きな彼女。

旅猫リポート

福士蒼汰くんの映画に、なりました。

猫ちゃんの声が高畑充希ちゃんのです。

最初から泣きっぱなしで、看護師さんがびっくりしてはった。

 

少しの間、みんなで話しして。

弟夫婦は帰った。

 

かーこの髪留めを外したりしてたら、看護師さんが来て、点滴をして、血圧、酸素量、熱など計り

ストレッチャーで、手術室に連れて行った。13時だった。

 

先日の麻酔科の先生の説明によると、

 

「手術室に、入って酸素からの麻酔で一切痛い事はありません。怖い事もしません。目が覚めたら終わってます。

 

82歳で高齢ですが、この病院の手術患者の中では、若いほうです。

 

平均は86歳で、昨年一年で100歳超えたかたが2人、手術しました。

それも、105歳のかたで元気に回復されたので、お母さまは若いほうですよ。

心配ないですよ。」

 

と言われました。

この病院は高齢者が多いようです。

 

今はただ、先生を信じて祈りながら待っています。

 

かーこは強いので、笑顔で戻って来ると信じます。

 

戻ったらすぐに何か飲みたがるね。

ビールは無理やけど、コーヒーは飲ませてあげなきゃね。

 

今日のそらちゃんはダックス飼ってた友達にもらった服(ダックス用)なので少し大きいです。^_^可愛いけどね。

f:id:tsusa-sora:20190125142012p:image

読んでいただきありがとうごさいました。