つさとそらのブログ

脊髄小脳変性症、リウマチ、トイプードル、気づき、介護

主治医が決まるのを待って

今日、いつものようにそらちゃんと散歩に行き、いつものように出勤しました。

 

ただ、かーこの主治医もまだ決まってないので、病院に電話して、先生が決まったら電話を下さいと伝言した。

 

電話がないので、11時に早退して病院に来た。職場からは車で20分位、昼食を食べさせて、大好きなイチゴを持っていった。

喜んで食べてくれました。

 

それで、今14時30分看護師さんにいつ先生に会えるか確認した。

「午前中に携帯に電話したのですが、通じなかったので」

と言われた。

 

着信は無い。電話番号間違えたのか?

私が伝え間違えたか、向こうが書き間違えたか。

「いつ先生に会えますか?」

「確認してきます。」

しばらくして、

 

「先生は今忙しく、2時間後位になります、よろしいですか?」

 

しゃーないので

 

「はい。お待ちしてます。」

と言うしかない。

 

せっかく来たので、今日中に会っておかなくては、時間がもったいない。

 

って事で、15時頃リハビリの作業療法士の方が、手術はまだやのにリハビリ?

でも、日に日に筋肉は落ちてしまうからね。

 

その後、担当の先生が来られた。

若い綺麗な女性だった。

 

今後の為、歳は取ってるけど、手術をすことした。

同意書にサインをするのだけど、今日は同意書を持って帰って来た。

 

高齢なので、色々な事を想定されていた。ほんとに怖い。

 

取り敢えず、姉や弟に相談してサインします。

 

自分は何度も手術してるけど…

頭の手術、脳動脈瘤のクリップ手術の時は身辺整理をしたが、リウマチの人工関節などは、あまり考えなかった。

 

よくよく読んでみると、怖くなる。

1人で決めかねて、相談する。

相談したところで、同じですがね。

 

逃げ道ですかね。

 

かーこは元気に手術もリハビリも頑張ると言ってます。

3ヶ月以上入院になりそうです。

 

リハビリは転院してになりそうです。

 

今日はいつも仕事より2時間早く帰りました。

そらちゃんは異常なほど喜んでました。

また、ベッタリです。

f:id:tsusa-sora:20190121172034j:image

今はチイママと言う名のボロ切れみたいな服をくわえてます。

小さい時から、入院中も一緒でした。