つさとそらのブログ

脊髄小脳変性症、リウマチ、トイプードル、気づき、介護

金縛り

実はICUの後、観察室という個室にいたとき、金縛りに遭った。

両腕から点滴をしていて、血圧が上がらないのでトイレに行けないからと

尿道バルーンが入っていて動けない。

 

そんな夜、私の寝ている病室に窓が開いてカーテンが揺れている。

苦しくて、背中が痛くて気づいたら、ウエスト付近に大きな腕が巻き付いていて

私をベットに縛り付けるようにおさえられた。

 

ちょっと黒っぽい手が巻き付いている。

左足も白っぽい手が巻き付き、引っ張り込まれるようだった。

 

辛くて「もう死にたい」と思っていた私を引っ張り込む様に現れた。

顔は見えなかった。(見えてたら怖すぎる)

でも、怖くて,怖くて。

「ごめんなさい、死にたいと云ったのはウソです。」

「まだ、死ねないんです。助けて!」

って 叫んでました。(声は出てないみたい)

 

そしたら、すーっと金縛りがとけて正気にもどったんですよ。

あの時、もういいと思ってたら死んでたかも。。。。。

ほんと、怖かった!