つさとそらのブログ

脊髄小脳変性症、リウマチ、トイプードル、気づき、介護

カーテンを自動で開閉

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」

難病の母と一緒に暮らしています。

今年買って良かった物は自動でカーテンを開け閉めしてくれる物。

これは凄ーく良かった。

元気な人ならカーテンの開け閉めなど苦にはならないでしょうが、

近頃 歩くのも手すりを持たないと転んでしまうので、家中手すりだらけ

壁はもちろん、テーブルから家具にまで手すりを付けている状態でのカーテンの開け閉めは大変で、朝は私が開けたとしても冬の夕方は既に暗くて私が帰る頃には真っ暗。

 

そんな時この商品を睡眠不足の人の為にテレビで紹介されていた。

これは、良い。

即、購入。簡単に取り付けれるはずですが、家はカーテンレールが古かったのでレールから交換、これが凄ーく大変で一人でするのはやっぱ無理か、と思ったけど

負けん気だけは強い私は、ガムテープで仮止めをして、見事成功!!

素晴らしい。

この商品はてスマホと連動でタイマー予約も出来る。

夏と冬では閉める時間が変わってきますからね。

ほんとに毎日買って良かったと思っています。

 

それと同時に母の部屋の電気もリモコン式に変えました。

これも、自分で変えたのですが大変でした。

なんせ一人で、母の電動ベッドの上に乗って一番高く上げて、必死で取り付けました。

無理かと思ったくらいキツかったけど…やりました。

嬉しかったです。

 

リウマチ持ちの私ですが、基本何でも自分でします。

でも今回は電動ドリルの充電池の入れ換えも手が痛くて出来ず、ショックです。

力が無いんですよね。